​タタミをカエル 物語

俺らは

タタミを持った

​カエル。

ただ

それだけさ。

​運ぶぜ。

階段を

降りる事だって

​できるぜ。

​ニヤリ。

​素敵な草履。

​あばよ。

​大体いつもはこんな事させられてる。

​しょうがねぇな。

​だな。

​社長、

タブレット

​立てるのに

ちょうどいいのかい?

​俺ら、元々は皿を持ってたんだよ。

​取り外せるから、

​ここに来て

タタミを持った。

​最高だな。

​だな。

​新入り?

​小せえな。

​武器持ってるぞ。

​ワルか?

お香を持つカエルみたいだな。

​頑張れよ。

​たまには、左右、交代してみるか?

​だな。

​あまり、変り映えしないな。

​だな。

社長、いつも、ホームページ作り、​お疲れ様です。

​だな。

​頑張ってるな。

​何かしてやれねぇかな・・・・・

仲間、連れてきました。​     たまには、ググッと飲みながらでもやってくださいな。

​だな。

​たまには、いいだろ。

line_oa_chat_210112_111625.jpg
line_oa_chat_210112_111623.jpg
line_oa_chat_210112_111621.jpg

​なんだか、可愛い畳が出来ましたね。

​なかなか良いな。

line_oa_chat_210112_111632.jpg
line_oa_chat_210112_111628.jpg
line_oa_chat_210112_111626.jpg

​いただきますよ。