無題.png
G2.jpg

​「水上ゴザ走り」用のゴザ

image2018-005.jpg
gozahasiri002.png
63811A84-FFC3-4A32-8897-E8AB16A9B3EA.jpe
gozahasiri006.png

​天然い草で作ると濡れてだめになってしまい

ほぼ使い捨てになります。

濡れても平気なPP製がお勧めです。PP製は何度も使えます。

ゴザは浮きますので水上に浮かせるだけでその上を走れます。

​ゴザを固定しやすくするために端っこ(末端)を加工することも可能です。

①こちらが通常の末端仕上げ。(追加料金 0円)

image (3).jpg

②:長いほうの縁を伸ばしてハンモックのように仕上げる方法。(追加料金 1000円)

③:端を折り曲げて棒などを刺す事が出来るようにする方法。(追加料金 1000円)

1455092675.jpg

④:ハトメを付ける(追加料金 ハトメ1つ 500円:通常全隅4か所付けますので2000円)

7D854CF2-3ED0-4462-8362-9A91CD4C4459.jpe

​④ロープなどを通して固定します。または別売りゴム製固定金具にて固定。(ハトメに通します。)

C33706DD-AB69-49D1-96FA-B4419D664826.jpe

⑤:両端2枚合わせ補強加工(画像は1.5m分2枚合わせしています。)(追加料金 3600円~)

F5D1DF0C-3876-4B26-8D10-E3D2332A6FD0.jpe

⑤:袋状になっています。使う時はこちらの面は下にします。

B7A08095-EF61-421A-ACCD-47B60CEC0FDE.jpe

⑤:2枚合わせは部分は補強だけでなく

  袋部分にスポンジ素材など浮く物を入れる事も出来ます。